PROFILE

吉岡次郎
Jiro Yoshioka


 東京都出身。武蔵野音楽大学卒業。

スイス、バーゼル市立音楽院コンツェルトクラスに留学し、国家演奏家資格を最優秀の成績で取得し卒業。
在学中現代音楽専門の室内オーケストラ「Ensemble Contrechamps」のメンバーとして演奏会に参加。

2002-2003年 バーゼル交響楽団研修団員。

その後ドイツ、カールスルーエ音楽大学にて、木管五重奏を中心に室内楽を研修し、2004年帰国。
演連コンサート選抜オーディションに合格し、東京文化会館にて日本演奏連盟・文化庁主催の第1回ソロ・リサイタルを開催。
2005年 第12回日本フルートコンベンションコンクール・ピッコロ部門第2位。
第3回東京音楽コンクール最高位入賞(1位無し2位)。
東京津田ホールにて第2回ソロリサイタル開催。

2006年 名古屋フィルハーモニー交響楽団とニールセンの協奏曲を共演。
2007年 東京フィルハーモニー交響楽団とイベールの協奏曲を共演。
2008-2009年 神奈川フィルハーモニー管弦楽団契約首席奏者。

2009年 東京文化会館にて、東京音楽コンクール入賞者リサイタル~第3回ソロリサイタルを開催。
同年、パリ5区サン・マルセル教会にてシュナイダー作品等のソロリサイタルを開催。
2011年 日本フィルハーモニー交響楽団とモーツァルトのフルートとハープのための協奏曲を共演。

2009年 ファースト・アルバム「マンハッタンの風」~ダニエル・シュナイダーフルート作品集 [WWCC-7621 LIVE NOTES]をリリース。
2010-11年度、財団法人地域創造「公共ホール音楽活性化事業」登録アーティスト。

2011年 津田ホールにて、第4回目となるソロリサイタル「協奏曲の夕べ~Sturm und Drang」を開催し、
ダニエル・シュナイダー作曲「フルートと打楽器のための協奏曲」を日本初演。
セカンド・アルバム「ドビュッシー×ラヴェル 双璧の風」VCCM-8116 VISION CLASSICをリリース。

2012年 サード・アルバムCD「疾風怒濤(シュトゥルム・ウント・ドランク) 吉岡次郎フルートリサイタル」ALCD-9122 ALM Recordsをリリース。
2013年 フォース・アルバムCD「Song of the Ashug アシュグの唄~ハチャトゥリアン、アミロフ、グバイドゥーリナ、プロコフィエフ」NAT11511 N.A.T co., ltd.をリリース。

フルートを、白尾 隆、フェリックス・レングリ、笠井 潔、レナーテ・グライス=アルミンの諸氏に師事。

桐朋芸術短期大学、洗足学園音楽大学非常勤講師。ムラマツ・フルートレッスンセンター講師。

(公財)ニューフィルハーモニーオーケストラ千葉 楽員。